楽天ペイ

楽天Edyと楽天ペイを徹底比較!それぞれのメリット・デメリットは?

どうも!楽天マニア(@Point_Rakuten)です!

今回は、楽天Edyと楽天ペイの比較をします。

僕は、自分で言うのもなんですが、ほんと、日本で一番Edyを使ってるんじゃないかっていうくらい、楽天Edyのヘビーユーザー。

寝ても覚めてもシャリンシャリン。通勤前にシャリン。帰宅前にシャリン。自動販売機でもシャリン。してます。

近くのコンビニではEdyおじさんっていうあだ名すらつけられてる可能性すらあるレベル。

でも最近、実は楽天ペイの方に浮気中。

だって便利なんだもん。

というわけで、今回は、楽天マニアの僕が、楽天Edyと楽天ペイを使ってみて感じた両者の違い、メリットデメリットについて紹介していきます!

楽天Edyと楽天ペイの違いを4つの視点で徹底比較

これから下記4つの視点で楽天Edyと楽天ペイを比較していきます。

比較する視点
  1. 支払いの仕組み使用感
  2. 貯まる楽天ポイント
  3. 期間限定ポイントが使えるかどうか
  4. 使える店舗の数

比較1:支払いの仕組みや使用感は?

支払い方法

支払いの仕組みは、若干違いますが、Edyでオートチャージを使っていれば、使用感はほとんど同じ。

中の仕組みは置いておいて、ユーザーからすれば、アプリを差し出すか、カードを差し出すかの違いですね。

楽天Edy

楽天Edyはプリペイドの電子マネーカードです。

Edyカードにあらかじめお金をチャージしておいた金額が消費されます。

現金でチャージすることもできますし、クレジットカードからオートチャージすることも可能。

オートチャージを設定していると、実質「チャージをする」という行為をしなくても使えます。

楽天ペイ

楽天ペイは、支払いアプリです。

アプリとクレジットカードを紐付けておき、アプリに表示されるバーコードを支払い時に提示します。

そして、そのバーコードが読み込まれれば、クレジットカードにその請求が行くというもの。

だから実質クレジットカードを使ってるようなものなんですが、サインしたりなどの面倒はありません。

比較2:たまる楽天ポイントの数は?

楽天ポイント

楽天ポイントのたまる数は、実は楽天ペイが有利です。

両方とも楽天カード紐付いている状態を仮定します。

楽天Edy(オートチャージの場合)

店舗で楽天Edyを使用してお買い物→200円につき1ポイント

楽天カードから楽天Edyへのチャージ分の支払い→200円につき1ポイント

楽天ペイ

店舗で楽天ペイを使用してお買い物→200円につき1ポイント

楽天カードから楽天ペイで買い物した分を支払い→100円につき1ポイント

これかなり嬉しいですよね。

普通にカード使うよりも、さらに200円につき1ポイントもらえる分、お得なんです!

比較3:期間限定ポイントが使えるかどうか

期間限定ポイント

ここは明確に差があります。楽天ペイを使うメリットでもあります。

楽天Edy

楽天Edyに通常の楽天ポイントを変換することは可能。

1ポイント1円として、リアル店舗で使えるのです。

しかし、期間限定ポイントは楽天Edyに変換することはできません!

楽天ペイ

楽天ペイはなんと!なんと!期間限定ポイントを使えます!

これはでかい!!

これまでは、マクドナルド、プロント、ミスタードーナツなどの、楽天ポイント加盟店でしかリアル店舗で使えなかった期間限定ポイントが、なんと楽天ペイだといろんな店舗で使えるのです!

ありがたすぎるメリットです!

比較4:使える店舗の数は?

店舗の数

ここにも、大きな差があります。

楽天Edyの方が正直かなり多いのが現状

Edyを使うメリットは、まだありそうです。

楽天ペイについては、これからの発展に期待ですな!

まぁキャッシュレスの時代ですから、絶対に加盟店増えてきますけどね。

楽天Edy

日本を代表する電子マネーというだけあって、コンビニだと大体使えます。

2017年の時点で50万カ所使えていました。

オートチャージ対応のお店もめちゃくちゃ増えてますから、ストレスなく使えます。

楽天ペイ

楽天ペイは使えるお店がまだ少ないですね。(2018年12月現在)

コンビニだとローソン、ファミマ、ミニストップ、ポプラです。

できれば、セブン系・・・・。ここが加盟すれば一気に利便性が高まる!

まぁそのうち、加盟されるでしょうな。

楽天Edyと楽天ペイのメリット・デメリットをまとめてみる

メリットデメリット比較

では楽天Edyと楽天ペイのメリット・デメリットを改めてまとめてみましょう!

個人的な意見も盛り込ませていただきます!

楽天Edyのメリット・デメリット

まずはEdyのメリットデメリット。

メリット

とにかく、使えるお店が多い

支払い音が圧倒的に気持ちいい!シャリィィン♪

クレジットカードを持っていない人でも使うことができる。

下記のように、Edy機能付きRポイントカードがありますから。

デメリット

支払い時に、財布などからカードを取り出す必要がある。

期間限定ポイントをEdyにチャージできない。

楽天ペイのメリット・デメリット

最後に楽天ペイのメリットデメリット。

メリット

期間限定ポイントをEdyにチャージできる!

ポイント還元率がEdy使用時よりも0.5%分高い!

スマホを見せるだけで支払いが済むので便利!

デメリット

スマホの電池が切れたら使えなくなってしまう。

クレジットカードを持っていることが前提のサービスになる。

まだ、使えるお店が少ない。

楽天ペイのメリットは大きい!今後に期待したい!

というわけで、楽天Edyと楽天ペイを比較してきたわけですが、楽天大好き人間の僕としては、楽天ペイの利用可能店舗が増えるに従って、少しずつ楽天ペイに移行していく感じになると思います。

だって便利なんだもん。

なんてったって、ポイントがEdyよりももらえるってのと、期間限定ポイントが使えるのがマジでデカすぎる!

SPUなど楽天市場のキャンペーンで得られるポイントも期間限定ポイントは多いですからね。

それに、無料でコツコツ楽天ポイントを貯めるコンテンツで得られるポイントも期間限定ポイントです。

無料で楽天ポイントを貯める最強のこつこつコンテンツまとめ当記事では、お金を一切使わず、無料でこつこつ楽天ポイントを貯めることができるオススメコンテンツをまとめてご紹介します。...

無料で貯めて、買い物にすぐ使えるようになるなんて最高ですよね。

そしてたまに、あのシャリィィンって音聴きたくなったら、Edyをかざすのです。

あーーーキャッシュレスでカードレスの時代かあ・・・・。ほんと時代が変わるのって早いですね。

今回は以上です。

楽天ポイントの貯め方まとめ28選【2019年版完全ガイド】当記事では、楽天マニアの管理人が知っている全ての「楽天ポイントの貯め方」を詰め込みました!意外と知られていないお得な貯め方もたくさん紹介しています。...
ポイントがザクザク貯まる「楽天カード」
楽天カード

楽天ユーザーにとっての必需品。

楽天カードを使えば、楽天市場のお買い物でもらえるポイントが3倍に。さらに、楽天銀行を引き落としの口座にすればポイントは4倍に。

「クレジットカード」と「ポイントカード」と「Edy」の機能を備えた超便利な三位一体型のカードです。

詳細ページ公式ページ